topphoto.jpg

ふと見ればニャン

ふと見ればニャンがいる。 この生活がたまらなく好きです。 我が家の風太と雷太との生活を中心に 日々の出来事をいろいろ書き綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
  5. banner_04.gif

子猫とミルク

ミルクには粉とリキッドの2タイプあります。
(もちろん、人間用では代用できません。)
楽チンなのはリキッドタイプやと思いますが、
経済事情と相談の結果、我が家では粉タイプにしました(笑)

粉ミルクを付属のスプーンでほ乳瓶へ。
そして人肌より熱めのお湯(熱湯は良くない。
タンパク質が壊れちゃう
)でシェイクシェイク!{{|└(>o< )┘|}}
しっかり溶かして下さいね。
私は少量のお湯で溶かしたした後、水を足して温度を調整してました。

いよいよ授乳。
最初はゴムの乳首を嫌がってくわえてもくれないし(´;ω;`) 
指につけたり、タオルに含ませたりいろいろしているうちに
「これおいちぃ。これ飲むニャ」
とグビグビ飲んでくれるようになりましたヽ(^o^)丿
milk04-08-03.jpg


でも、冷めると飲んでくれない…。
衛生面を考えるとホンマは一回分の分量のみ作って、
余ったら捨てるのが良いらしい。
でも、めんどくさがり&もったいながりの私は
少し多めに作って冷めたらレンジで10秒チン! 
余ったら冷蔵庫に入れといて、
ミルクの時間にまたレンジで15秒チン!
って感じででした(゜ε゜;)
大体2回分ぐらい作ってたかなぁ?
おおざっぱな人にはなかなか使えると思うんですけど、
どうでしょう?笑

スポンサーサイト
  1. 2005/06/07(火) 20:56:49|
  2. 子育て|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
  5. banner_04.gif

育児(育猫?)開始

保護してすぐに、最初から弱々しかったキジトラちゃんが冷たくなってしまいました。ゴメンね…。

この時点では私が飼うのではなく、里親を探すつもりでした。
なので名前も適当なもんで、
グレー、せん(背中の真ん中に白い線があるから)、
てん(背中にブチがあるから)って感じでした。

そして、同僚が体の一番小さなてんちゃんを。
私は一番体の大きなせんちゃん(後の風太)、
と次に大きなグレーちゃん(後の雷太)を、
我が家に連れて帰って育児開始。
家と会社の往復です。
通勤途中の電車の中では気を遣いました(^_^;)
出る前にたっぷりミルクをあげるとよく寝てくれたおかげで、
まわりに迷惑をかけずにすんだんで助かりました。よかった。

まんぷくで爆睡中。生後1ヶ月ナリ。
sleepy040815.jpg



私は子供がいないので、育児の大変さは噂でしか聞いて無かったのですが、
猫の赤ちゃんの子育ても想像以上にツラカッタ…(;д;)。
ウンチもおしっこも、人間がお尻をさすって
排泄させてあげなければなりません。
朝昼夜関係なしで3時間おきぐらいでミルクの時間…。
ウチの子達はお腹一杯飲んでぐっすり寝てくれる子達だったので、ずいぶん楽でしたが…。
でも2匹いるのでどうしても1匹がミルク飲むの待たされちゃうでしょ?
そうしたらもう大変。1人箱の中に取り残された方が
「ミャーミャー!ミャーミャー!おにゃか空いたー!ママどこー??ボクもいくー!!」
(゜д゜;)…目も開いてないぐらいの赤ちゃんなので、こんなに考えてないと思うけど、このぐらいの勢いで鳴きます。
ママを探します(^_^;)
今なら、もう少し上手に2匹にあげれると思うけど、
当時は初めてで必死でしたねぇ。懐かしい…。
それはもう、育児マシーンのように、
「ハイ、せんちゃんこれ飲んで!次はグレーちゃん!ハイ!もう一回せんちゃん!次おちっこ!」みたいな感じ。f(^-^;
決められた分量を絶対に飲ませないといけない!
みたいな一種の強迫観念やったんかも。
もう、お腹いっぱ~いっていってるのに、まだ飲ませようとしたり(^_^;)
今ならもう少しゆったりと出来るかな。
また、赤ちゃんにミルクあげたいな。

まだ片手で持てるぐらい。生後一週間ナリ。
chibifuurai.jpg


  1. 2005/06/07(火) 01:25:33|
  2. 子育て|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:48
  5. banner_04.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。