topphoto.jpg

ふと見ればニャン

ふと見ればニャンがいる。 この生活がたまらなく好きです。 我が家の風太と雷太との生活を中心に 日々の出来事をいろいろ書き綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
  5. banner_04.gif

「明日の記憶」と「ゲド戦記」

先週、「明日の記憶」と「ゲド戦記」を見てきました。
新しい映画館はほとんど全席指定になってるので、すごい快適になりましたねぇ。
開演前から並ばなくても良くなりましたもんね。
実は、私は「オーメン」を見たかったのですが、ダンナに断固拒否されました(笑

「明日の記憶」は渡辺謙主演の若年性アルツハイマーに関する物語です。
わかっていたけど、号泣です(^_^;
広告代理店で働くバリバリのサラリーマン。仕事もノリに乗ってる50歳。
家庭よりも仕事で生きて来た主人公。
でも、人の名前が思い出せない。
大事な会議の時間を忘れるなど、少しずつ体の変調に気づいてきます。
奥さんにも進められて、しぶしぶ病院にいくと、
「若年性アルツハイマー」との診断を受けてしまう…。
その時の衝撃はすごいものがあると思います…。
本人だけでなく、奥さんはそれ以上の衝撃かもしれないですよね。
主人公はこれからの人生、自分の家族もわからなくなってしまうことへの恐怖。
それを世話していくことになるであろう奥さんへの申し訳なさ…。
仕事も最後は左遷され、最後は自主退職へ…
奥さんはそんな主人公をしっかりと受け入れて励ましていくんですよね。
ほんとにもし、自分が…。ダンナがそんな病気になったら…と考えさせられました。
それにしても、渡辺謙カッコいい!(>v<)

「ゲド戦記」は感想から言うと、面白かったけど、物足りないって感じでした~。
原作を読んだことがないので、1~5巻まで全部読みたくなりました。
映画もおもしろかったのですが、原作を読んでたらもっと面白かったのかなぁと思うので。
主人公の声をやった岡田君はまぁまぁ。キムタクのハウルよりはよかったかも(毒?)
菅原文太と田中夕子は文句なしによかったです!

また、新聞屋さんに券も~らお~っと♪←もらうんかい!!


スポンサーサイト
  1. 2006/08/08(火) 23:33:21|
  2. 私の好きな物|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
  5. banner_04.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。