topphoto.jpg

ふと見ればニャン

ふと見ればニャンがいる。 この生活がたまらなく好きです。 我が家の風太と雷太との生活を中心に 日々の出来事をいろいろ書き綴っていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
  5. banner_04.gif

本を読んで思ったコト。

この前、古本で「私の猫がいない日々」
っていう本を買いました。
本を読むのは好きな私は、最近タイトルに猫とついてると
買ってしまう傾向有り(^_^;)

この本を読んで感じた事を書いてみようと思います。
私の個人的な意見ですので、不快に思われる方が
いらっしゃいましたらゴメンナサイ。

どんな内容かと、本の裏表紙のあらすじをみると
作者がいままでに飼ってきた猫たちの話なんです。
それでワクワクして読み出してみると…。
う~ん。飼い猫が何回も、何匹も事故や病気で
死んじゃうんですよ(;д;)

この本は昭和58年発行なので20年ぐらい前の話なんですね。
だから、室内飼いという概念がなかったようですね。
「猫を部屋に閉じ込めて飼うなんて!」
「避妊去勢するなんて可哀想!」
ていう考えがほとんどだったみたいですね。
だけど、今よりも車も少ない時代だったでしょうに、
それでも飼い猫が外で交通事故で死んじゃうんです。
私にしたら
「一回事故で死んでるのに、なんでまた外に出すの!(怒)」
ってイライラしちゃいました( ̄~ ̄;)
この本が書かれた時代の雰囲気は私にはわからないんで
後味の悪い本に感じちゃいました…。

今の時代、少なくとも私のすんでる場所では外飼いは
やっぱり考えられません。
うちの風ちゃん、雷ちゃんが事故にあったりしたら…。
考えられない!考えたくない!{{{{(;>_<)}}}}

だから、風、雷。
いくらお外に興味があってもでたらあかんよ?
わかった?  ……なぁ、聞いてる?
(=。=)アフ...
にゃんかいった?
P1010008.jpg

スポンサーサイト
  1. 2005/06/05(日) 23:44:35|
  2. ヒトリゴト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
  5. banner_04.gif
<<風太雷太との出会い | ホーム | 風太雷太の一日>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yukicharin.blog12.fc2.com/tb.php/3-a5b7c0ca

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。